2011/11/30(Wed)
瓦版・獅子~特集:農業研究所(みかん風呂)・転載~
陳皮(ちんぴ)。
(温州)みかんの皮を乾燥させた漢方で、湯に入れると湯冷めせずに、体がポカポカするです♪うちのばっちゃんも、やってた(*^^*)

家にある、みかんの皮でも、みかん湯できるんですが、きちんと乾燥させておかないと(数日で良い筈・・)、日焼けみたいになったりする場合があるので注意。レンジなんかで水分をとばすのも、おすすめできません…自然乾燥がgood!砕くなら、布の袋なんかに入れておくと使いやすいかも^^

まとめてみると…
自然乾燥させて、皮を浮かべる(みかん風呂)
効能:血行促進(保温)・肩こり・腰痛・鎮静効果(香=寝付き良)

(おまけ)
柑橘系の香りは食欲減退(ダイエット)の効果が期待できるという研究もあったり・・ちなみに、食欲増進はラベンダーの香り。結構、前の新聞(?)記事だったので、信憑性はあまりありませんが・・w
---
チラシの裏
以前に御紹介したリアル農業研究所。おすすめのみかんを紹介してもらったりと、なかなか御世話になっている。今回は、その一部である「みかん風呂」を紹介してみる。家でも、比較的簡単にできるので、これからの季節は利用の価値有りかと思う。みかんなんて食わんぞ・・という人、陳皮の値段はそんなに高くないので、日本人の風情を気分から味わってみては如何だろうか。
---
当時・経過
農作物ブーム来る!?リアル農業研究所が今アツい(かもw)!
人生初の愛媛みかんに、おすすめの一つ「真穴」も注文しているが、未だ届いていない。待ち遠しい限りである。届いて、味見の結果は後日披露する予定・・和歌山にいながら、別地区のみかんを食べる日が来ようとは!わ、和歌山への裏切りじゃないぞ!客観的な意見をお伝えする為にですねー・・と、とにかく!みかんに罪は無い・・二三(逃><)。
2011/11/29(Tue)

瓦版・獅子~貯銅銭ふたたび~
運に関しては、自慢にもならないが悪く、引きも弱い。感覚では無く、巷で叫ばれている確率を下回っているのだから間違いないだろう・・。そんな私が天・極を手に入れる為に、ふたたび貯銅銭を始めてみた…ちなみに、現在7000少々…全然ない…orz

狙うべき目標が無いと、ついつい合成材料などに手を出してしまいそう(実際、出していた・・)なので、一応の目標設定として…まずは、極の「蒲生・真田」あたりを目標にしてみる…。これからの銅銭価値の下落を念頭に入れると、12万~15万位と仮定!挑戦してみる。無論、お買い得すぎる札があれば入札してはみるが、得てしてそういう札は値段の調整が難しい…落札なんて、期待できないのだ。そして、かぶり極…万一、出れば売って更なる目標(天)への移行も有りだな・・と、言うだけはタダであるw 少なくとも、課金くじよりは、建設的な行為と信じておく…(-ω-*)
---
チラシの裏
前の天・極計画は、御存知の通り富田(★3)購入の前に散った。正直な所、落札できるとは思っていなかったのだ。今度こそ、天極を目指して頑張る所存!ヘンな誘惑はしない様に!・・で、コメントの御方、軍神の銅銭10売りはまだですか?(-ω-)
---
当時・経過
そろそろ(本当に)、我らが傾奇者の心の柱が帰還される筈・・武断派の七本槍たちは御覚悟願う!これが、結束の力(仮)だ!



あ、あの…
まだ(仮)だから…手出し無用で御座るよ!(念の為)勘違いはダメ~!(><;)
 

2011/11/28(Mon)

瓦版・獅子~関ヶ原への道(毛利元就)・「隣人部」~
部…という文字がある。
古来より、同一職の集団を指し示す言葉でもある。あまつさえ、毛利家の源流が藤原北家(遡れば、中臣鎌足…)と仮定すれば、大化の改新後にも密かに受け継がれた部があったのではなかろうか。無論、規模の縮小が伴ったであろう、裏の品部ともいうべき彼等は徐々に技も精練させていった。脈々たる術が、藤原の栄盛を支え…世を移ろうたのである。

しかし、実用的な技術は、京の理想とする技術とは必ずしも一致していなかった・・。大江広元・毛利氏と流れゆき…消えいる運命の渦中…専用の長屋街に居を共にしつつ(これより、隣人部と呼称されたとされる)も、時代から…否、権力から見棄てられていたのである。そして、それに新たなの光を当てたのが毛利元就であったのか。…其れを受けたる部、千年の結晶は戦国の世…自ら光を放ち始める。

「千年、隣人互いに…背を守り、腕を伝え、魂を磨いた(口伝・藤原記より)」
---
チラシの裏
南天さんを精鋭集団とするなら、「隣人部」は少数精鋭という言葉がピタリとあてはまる。
それ程に、スキルレベルも高く、兵も多く、将の質も良い。・・自己紹介を見るに、くじ運は良いとまでいかない様だが・・まあ、私よりは良いw 私にもお恵みを・・!陣攻への反応も良・・城どころか、陣にも攻めにくい印象。戦慣れした猛者は、ほとんどがそうなのだが、同盟全てがそうだと・・どうにもなりません><
---
当時・経過
さて、武士の研究も始めたし、仕事が忙しくて資源が貯まったのも無駄ではなかったか。後は、兵雇用しきれないような資源溢れを無くす為にも、蔵・陣屋…そして、鍛冶屋の建設ラッシュですな(^q^) 溢れる程の収入は遠いですが・・(・ω・` )ショボン・・

2011/11/27(Sun)
瓦版・獅子~特集:CM~
戦国ixaのCMを確認してから数日…我が同盟でも話題に上がることが増えてきた…が!このCM何度か見た筈なのに、ほとんど印象に残っていない・・。CMとしては失敗なのではなかろうか(-ω-;)そもそも、動画系サイトで未だ確認できないことから、インターネットからの引き込みに限界を感じたのかもしれない。

ポジティブに考えれば、収入が増加・安定してきて、テレビによって更なるユーザー取り込みを図ったという見方もできる。…と、思いたいが如何だろうか>< まあ、叩かれつつもワールドが増加すれば、ユーザー増と見て良いかもしれない。増えるワールド数によって、効果の程がわかるとも…個人的には、3+4のユーザーが増えなければ、あまり意味が無いのだが…w
運営さん、見捨てないでね!(`・ω・´) (←洒落にならない・・)
---
チラシの裏
我等が3+4鯖・・ユーザー増加の見込みが無ければ、マンネリは避けられない。1+2との統合が無かったのは、今更ながら辛いものがある。このCMの効果がでたとしても、3+4に影響するとは考えにくいので、当面はこのままでしょうかね>< い、いあ、今の面子に不服がある訳ではw 我が同盟にとどまらず、他の同盟さんにも面白い方は多いお!だ、だから、イジメないでね♪^^
---
当時・経過
早く、砲を使いたい!という思いを強く持って、石田戦とほぼ同数の鉄足を雇用…したと思ったら、陣攻防で溶けた・・。こちら優勢の結果だったものの、心情的には少し悲しい。それなら使うなよー…となるのだが、其処には触れないで欲しい。(例え、合戦の趨勢が決まっていようとも)相手の攻撃は全力で受ける・・これは、私の中で僅かに残った傾奇魂(悪癖w)なんだ(`・ω・´)
2011/11/26(Sat)

瓦版・獅子~関ヶ原への道(第八戦)・概要~
海洋における影響力増大を図る、毛利・長宗我部…第1次の決戦の場は、互いの領土を挟んだ瀬戸内海と相成る。豊臣・北条に挟撃の様な形となった徳川(第七戦)は、組する側を決める必要に迫られた。家康はかつての盟主・秀吉と和して対織田の戦線を選択。九鬼水軍の援兵に向かう武田・上杉への攻撃に及ぶ。豊臣・徳川は尾張・甲斐の国境付近で上杉軍を捕捉するや、一斉に襲い掛かった。その一方、武田の援兵は無事に織田・九鬼の軍と合流。如水軍の駆逐に全力を挙げることとなる。

石田三成は、水軍拠点を引き続き攻略予定。北陸へ展開する伊達(安東)水軍の拠点をことごとく落とすべく転進。那智港を秀吉に任せて、北近江ともどもの攻略を目論む…京に引き上げた島津に抗する兵は無く、伊達・石田の決戦に・・。豊臣との外交戦で、一歩退いた北条は関東へ帰還・・京の朝廷に、使者と忍を送り硬軟両面から権力の中枢へ近づく。同じく、京へ退いていた島津と鉢合わせる格好であり、朝廷内に血の雨が降るか。
---
チラシの裏
織田・武田・上杉の同盟継続が戦国の嵐を加速させる。織田の一大勢力の現出でもあるが、石田と連携を密にしている豊臣が待ったの形。黒田は勝利で躍進の可能性だが織田への援兵が厳しい。北条は関東、島津は京にて、態勢の立て直しを図るが・・?海に目を向けると、突出した毛利・長宗我部が瀬戸内海決戦。安東水軍を破った天の時、三島水軍の地の利を生かせる毛利軍有利か。
---
当時・経過
『2連戦は、お互い嫌だね^^』
…と、石田さんの方と話をしたところが、毛利戦に・・い、いらんこと言った・・石田さんの方が…(*・3・)~♪