2015/06/24(Wed)
徳川家城主。現・百鬼夜行長。
世に取り残された河原町に捨てられた過去をして、
「以て、天下の子になった」と豪語した、快男児。

成長するにつれ、人を学び、世を学び、水底から
見上げた天に憧れた彼は、明確な天を描く英主を
探し求めることになる。その道程の中、多岐種々の
出会いと別れに、身分なく、隔てもなく勇士が集った
という。

その数は百を数え「百鬼夜行」と呼ばれることになる
のだが、その中身は身分の底辺ともいうべきであろう
C☆manがまとめた、身分の逆をいう暗部というのが
実情に近いだろう。そして、Cmanは彼等を率いつつ、
明確な天の姿を描く家康と出会うことになる。

天と地から、天下地上を支える‥それは、一向宗に
変わって、人を支え続ける役を必要とした、家康から
の至上命令‥というより、協力依頼であったろう。

「人は等しく天の子でありながら、天にはなれぬ」

‥その言葉の真意は、故に狭間にある人が上下より
支えねば成り立たないということでもある。家康の
重き荷は二つに分かたれていたのか。

蛇足ながら、C☆manは通称でありCはローマ字で
百を意味する。直訳すると百の男であるが、それが
百鬼夜行を意味しているのはいうまでもない。
渾名は「百夜総攬」。
---
C☆man・列伝
↑↑↑プロフィールカードより↑↑↑

愛刀は「小次郎」とのみ銘打たれているが、
越中に旅した際に入手したもの。四代清光
より、初代の逸品を譲られた‥という設定。

---
獅子のひとこと「合戦まで1週間というのは短い‥長いという説もw」
2015/06/18(Thu)
佐竹家城主。通称・〼(枡)のみ伝わる。
合戦の旗印「〼」は方陣(守備の堅い陣形)を割る者
という形として敵方に知られており、鬼佐竹を支える
側近として勇名を馳せた。その一方で、政を下地に
おいた戦略的素養も備わっており、行政を補佐する
存在でもあった。

当時、佐竹領は冶金技術を駆使して、豊富な資金力
を誇っていたが、その経済力と両輪の誉とされる兵糧
の収入安定を支えたのが、彼の開発した「佐竹枡」の
存在である。

戦国期、各家が年貢収入の安定させる策として、枡の
規格統一を試みるのだが、その大きな障害となったの
が、商人を中心とした不正な枡の流通だった。そこで、
〼は楽市楽座令の唯一条件に、佐竹枡を店先に掲げ
使用することとして、米の流通目安を衆目に晒させて、
流通の不正競合を禁じるとともに、収支をも周知させる
ことで、米の収入・価格・流通を安定させた。

かくして、米の収支が安定したことに加えて、流通価格
の安定、豊富な資金力といった歯車が噛み合い、戦国期
有数の継戦能力を保持することが可能となったのである。
渾名は「慧嘉天秤」。
---
〼・列伝
↑↑↑プロフィールカードより↑↑↑

話の収拾が付かなくなったんだぜ‥│ω・`)

---
獅子のひとこと「もう合戦なのか‥兵がいねえwΣ(・д・ノ)ノ」
2015/06/12(Fri)
傭兵集団「重虎大武」の三代目長。
先代・重虎が、本能寺の変にて信長と倒れ、
光秀もまた、秀吉の中国大返しを前に敗れる
と、秀吉は織田家の掌握を画策。先代・重虎
戦死を機とみて、独立兵団であった重虎大武
にも臣従を迫った。

三代目・重虎は、臣従騒動以前より秀吉の
野心を看破していた勝家に接近して、信長の
亡き織田家との決別を打明ける。勝家は即時
意を汲むと秀吉を牽制。滝川領より舟を仕立、
四国の地へと送り届けた。

新たな主・長宗我部元親に雇われた重虎は、
勝家の別れ際の「頼み」でもあった、秀吉挟撃
を実現させる。これにより、勝家の恩義に報い、
独歩の精神を侵した秀吉を許さぬという姿勢を
あらわしたのである。

その後、重虎は淡路より羽柴勢・仙石秀久を
駆逐すると、元親に淡路の軍権を委ねられて
対・羽柴勢の最前線に重虎領が現出すること
になった。

書に曰く「淡路は重虎が国と成り候」

南蛮商人は、淡路をシゲトラキングダムと呼称
して、各国大名に準じた扱いと取引がなされた‥
とも伝わる。渾名は「独歩義星」。
---
シゲトラキングダム・列伝
↑↑↑プロフィールカードより↑↑↑

初戦・長宗我部1位と聞いて‥w
---
獅子のひとこと「金くじ生活なんて早いですヨ‥│∀・)」
2015/04/25(Sat)
自称したとされる、通称‥COOのみ伝わる。
博学で知られ、幼少期は複数家により半世襲化していた
文章博士として嘱望されたという。家名は土御門。但し、
末端の縁者であったのか、安倍とも、藤原北家ともいわれ
るが、明確な記述は残っていない(文章博士という官位の
性質上、藤原北家が有力とされる‥)。

幼少期は紀文学を学ぶも、南蛮文化の伝来があると傾倒。
朝廷内にあって、特異な存在として奇異の目に晒されること
になる。COOと自称したとされるのは、この頃で様々な訳語
が可能な言葉であり、後世、彼の人為を複雑な見解にさえ
晒させた。

現代訳では、英語の「Chief Operating Officer」という
言語があり、企業ナンバー2を意味する(最高執行責任者)
の為、よく誤用されるが、時代背景上ポルトガル語のCOO‥
「私は全力を尽くす」もしくは「私が曲解するのである」となる。

浅井家では、信長との折衝役として信頼を得て活躍。
一方、楽市楽座の特徴を掴み、琵琶湖沿岸の商業発展に
寄与。金ヶ崎合戦以降は、組織としての楽市楽座執行幹部
として、京より招かれる形となった。

南蛮文化・漢学・雅楽に通じる、古今稀な文化人でありながら、
隠居後は全てを捨てて、趣味の蹴鞠に興じた‥とも伝わる。
渾名は「三学文章(さんがくもんじょう)」。
---
プロフィール(COO)
↑↑↑プロフィールカードより↑↑↑

ちなみに、ポルトガル語の訳は適当です(きっぱり)
---
獅子のひとこと「久々に書くと、文がまとまらない‥(汁)」
2015/02/25(Wed)
呼称名・ひろっく(宏久)‥(楽市楽座帳より)。
元々、琵琶湖の水運から、交易・漁業を中心に
立回る武装船団として名を馳せていたが、次第
に豪商との独自の繋がりを持つと、各地の情報
に精通するようになる。

後、浅井家という大義名分を得て、織田包囲網
に参加する大名家の領土周辺に進出。近江から
丹後・堺・下関といった日本海・瀬戸内海に躍進
を果たした。

楽市楽座帳にて、よく引用される「宏久(ひろっく)」
の記述には損傷がみられ、最近は「布久(ふっく)」
と呼ばれていたともされる。これは、フグの別名で
あり、「フグ」→「クサフグ」となる。これは、忍(草)の
暗喩とも‥。

渾名は「江北太公」。
---
プロフィール(ひろっく)
↑↑↑プロフィールカードより↑↑↑

太公=太公望。クサフグは‥(げふんげふん)

---
獅子のひとこと「合成運があがりますように( ̄人 ̄)ナムナム